All posts by chen

Thunkable (1) My First iOS App

App InventorのiOS版は、来年4月リリースする予定の話があり、ちょっと待ち遠しいところだが。

ThunkableのニュースレターからiOS版の話はでき、意外にも、10月に、iOS版もリリースした。

早速調べながら、作って見る。

プロジェクト作成

まず https://thunkable.com/ を開いて、gmailのアカウントでログイン。

新規App作成。アプリ名は「My First iOS App」とする。

Projectsに、「My First iOS App」が現れる。

アプリデザイナー

デザインしながら、実機で見るのは、Apple StoreからThunkable Liveというアプリをインストールしてください。

Projectsに「My First iOS App」をクリックして、アプリデザイナーが見え、ボタンを追加して、テキストは「Click Me」にする。

「Live Test」をクリックして、バーコードをアプリ「Thunkable Live」に読ませて、実機でデザインの様子をみてください。

アプリのロジック

アプリのBlocks画面に切り替え、ボタンクリックのブロックに、ボタンのテキストは「I just built my first iOS app」にするように組み立てる。

Thunkable Liveで動かす

実機で動かす

Thunkable画面から「Download」をクリックして、メールにできたアプリのリンクを送る。

iPhoneのメールで開き、リンクをクリックして、ダンロードする。

 

 

ダウンロードしたら、インストールする。

プロファイルとデバイス管理のところ、Rappidly incを探し、開いてください。

Rappidly incを信頼を選択する

これて、Thunkableの他に、アプリの名前アイコンが見れる。

 

そのアイコンをクリックして、動作を確認して、Thunkable Liveと同じ動作でしょう。

TinyWebDB API – IoTtest program

TinyWebDB APIは、WordPressでTinyWebDBサービスを提供するプラグイン。

TinyWebDB API

IoT test programができたので、紹介する。

システム構成

IoTデバイスから、TinyWebDB API を通して、クラウドに温度と気圧のデータが送信、そしてLEDのOn/Offデータを受信する。

このアプリは、クラウドの温度と気圧のデータが受信、そしてLEDのOn/Offデータを送信する機能を持つ。

デザイナー画面

デザイナー画面では、LEDのOn/Offボタンと、温度と気圧のデータが表示する領域がある。

プログラムのブロック

プログラムのブロックは次のようになる。

実機画面

このアプリにより、IoTデバイスの温度、気圧のデータ表示ができ、そしてIoTデバイスに備えたLEDのOn/Offもできた。

Webduino (5) Smart+DHT+OLED

Webduino Cloud Platformは、スケッチ保存できるクラウド環境。

(それまで、作ったスケッチは、保存できない!)

開始使用:https://cloud.webduino.io

Gmailのアカウントで簡単にログイン可能。

早速公開しているのスケッチ(Public Files から検索)を試す。意外に簡単。

Smart+OLED(圖片)

まずOLEDを増設、スケッチの通り結線しただけで表示ができた。

OLEDの接続と表示。

Smart+DHT+OLED

さらにDHT11を追加し、スケッチの通り結線しただけ、すごく気楽にできた。

DHT11を接続して、温度と湿度も簡単に表示できた。

Webduino (3) RGB LED

Webduino Smartに接続

Webduino Smartに接続方法は2つある

WiFi接続

WiFi接続はデバイスIDを利用して接続する。

この場合はWebduino Blockly ( https://blockly.webduino.io )を開いてプログラミングする。

WebSocket接続

WebSocket接続は、デバイスのローカルIPで接続する。

この場合、http://blockly.webduino.io/ を開いてプログラミングする。

ボタンでRGB LED点灯

Webduino Smartには、RGB LED内蔵なので、まず点灯してみる。

http://blockly.webduino.io/ を開いて、下記の通り、プログラミングする。

右上の “Run Blocks”をクリックして、Web Demo エリアのボタン1..5をクリックすると、対応色が点灯する。

因みに正面表記のGPIO番号で、ピン番号との対応は下記の通り:

static const uint8_t D0   = 16;
static const uint8_t D1   = 5;
static const uint8_t D2   = 4;
static const uint8_t D3   = 0;
static const uint8_t D4   = 2;
static const uint8_t D5   = 14;
static const uint8_t D6   = 12;
static const uint8_t D7   = 13;
static const uint8_t D8   = 15;
static const uint8_t D9   = 3;
static const uint8_t D10  = 1;

つまり、次のような対応関係になり、

TX RST
RX AD(Photocell)
05 D1 3.3
04(Switch) D2 D0 16
00 D3 D5 14
02 D4 D6 12(LED-Green)
15(LED-Red) D8 D7 13(LED-BLue)
GND ===================== VCC